世界天文年について
 公式ロゴ
  新着情報
  プレスリリース
 関連番組情報
 イベント情報
 公認企画募集

 めざせ1000万人!

 リンク
  委員会メンバー
 連絡先
 世界天文年委員会
 JPAホーム

世界天文年2009 JPAサイト

 2009年は、発明されたばかりの望遠鏡をガリレオ・ガリレイが初めて空に向けてから400年となることを記念した「世界天文年2009」です。 国連・教育科学文化機関UNESCOと国際天文学連合IAUが共同で国連総会に提案し、承認されました。
 日本では日本学術会議が中心となって日本委員会が設立され、日本プラネタリウム協議会も主体的に参画しています。

 世界天文年は「一人ひとりが空を見上げ、宇宙の中での自らの位置に思いをはせ、宇宙、地球、そして人間というものについて、自分なりの発見をすること」を目的とし、人類を「地球人」として再認識し、未来に向かって一緒に行動していくことを目指しています。

 この世界天文年の目的はプラネタリウムが普段の投影で目指していることでもあります。 日本プラネタリウム協議会は世界天文年2009を日本のプラネタリウム館にとって大いなる活躍を期待される場であり、その存在をアピールする絶好の機会であるととらえています。
 そこで日本プラネタリウム協議会内に「世界天文年2009委員会」を設置いたしました。

 会員みなさま、それぞれの企画・アイデア等をどんどん実行してください!世界天文年を全国津々浦々から盛り上げて、2009年をプラネタリウム業界にとって大いなる飛躍の年といたしましょう!

世界天文年2009ロゴ

DateHookup is a 100% free online dating site unlike other online dating sites Chat for hours  


Sitemap